いろんな人がいる。

マッドマックスの話をすると止まらなくなる人。
クラフトビールの魅力をどうにかして伝えようとする人。
広島カープの話になると途端にキラキラ輝く人。
カルボナーラが大好き過ぎて奥様や娘さんに苦笑されながらも毎回注文する人。

そういう人は年齢関係なく、みんなチャーミングだ。営業中、料理をしながらそういう人を眺めたり、相づちを打つのが好きだ。

誰かを動かすのは誰かの偏った愛情であり熱量なのだ、と最近つくづく思う。自分の子供達への教育観みたいなものをあえて言うなら、チャーミングな大人になって欲しい(今の所心配はなさそうだけれどね 汗)。