9月27日 晴れ/曇り

いつも通りコーヒーを煎れ、今日が最終勤務日の亜紀を送り出す。こんなぎりぎりまで仕事をしてもらって申し訳ないけど、11月からの収入は保証されていない。少しでも多くお金を残すために「僕が1ヶ月間で住むところと店舗物件を探し、亜紀が働く」という作戦を立てたが、結果として上手くいったようだ。

 

娘を保育園に送り、吉祥寺へ。

 

お昼はCafe Montanaでランチ。MontanaはPeppermint Cafeの系列で、僕が働いている当時お世話になったマサユキさんとたっちんが働いている。店に入るなりマサユキさん・・・、

「おまえブラックバード水戸ってどこの(暴走)族の名前かと思ったよ!」

「ブログ本にするつもりだろ?タイトルは『晴れのち曇り、時々・・・水戸』だろ!」

「ううっ、うっ・・・」ぬまた。

 

 

Peppermint Cafeに初めて行ったのは21歳の時で、僕はまだ大学生だった。その日は雨が降っていて、ひどく雷が鳴っていた。季節は6月で湿度が高く蒸し暑い、典型的な東京の梅雨の夜だった。店の中では当時大好きだった(もちろん今でも大好き)MUTEBEATの「After the Rain」がかかっていた。お香とスパイスと賑やかな店内。誰と行ったか何を食べたかはさっぱり覚えていないのにその曲が流れていた5分くらいの事ははっきりと覚えてる。

そしてその2ヶ月後、僕はペパで働く事になったのだ。

当時、マサユキさん、たっちんと今水戸でいろいろお世話になっているヒロさんもペパで働いていて、僕のちょうど5歳年上の彼ら3人とペパのマスターにはいろいろな事を教わった。みんな大の音楽好き、映画好き。生きていく上で必要な事はこの2年間で学んだと言ったらちょっと言い過ぎだけど(笑)、かなりそれに近いものがある。そして20代の時に素敵な30代、40代の大人に囲まれて過ごせた事で、その後の人生をかなり明確に思い描くことが出来た。要は「好きな事をして楽しくしてれば老けない」そして「それがいかに幸せなことか」というシンプルな事実。

結局4年間お世話になってペパを退職し、D&Dに入って1年半後。初めて上に立つプレッシャー、長時間労働のキツさに「退職しようかと思っている」ことをマサユキさんに相談すると一言

「相変わらず甘ったれだね。子供も生まれたばかりなのに、なんでもっと踏ん張れないの?」

そう、この一言。結局その後の2年半、何があっても踏ん張って来れたのは(家族のため、子供のためというのも大きいけど)そう言われて悔しかったからだ。そしていつか認めてもらえるようにがんばろうと。ぜったい独立するんだと。今でもマサユキさんに会うとちょっとだけ緊張する。それでも何かあると必ず相談しに行ってしまう。今日も、出来上がった図面を見てもらって、いろいろとアドバイスをいただく。現実的で、ぴしゃりと的を得たアドバイス。

 

いつも馬鹿な事言ってふざけているように見えて、誰よりもスタッフの事を考えてくれている。本当に、頭が上がらない。

 

それにしても完璧なネーミングだと思ってたのに、よりによって族の名前って。ひどい。ひどすぎるから爆笑しちゃったけど。

僕の地元の族は「光國会」って名前だったけど。

9月26日 晴れ〜曇り。予報外れ。

店の内装は図面を元に工務店にお願いするんだけど、肝心ないわゆる「装飾的味つけ」の部分は自分でやろうと思っている。まぁとにかくそういうことが大好きだから、ずいぶん前からいろいろなものを集めていて、今部屋の中がかなり面白いことになっている。

来月のシチリア旅行では蚤の市等かなり期待できそうが、東京にいるうちに出来るだけ探そうと思い、今日は吉祥寺を見て回る。そしてこんなものを見つけた。

 

 

ベンチシートの上の荷物棚の金具。小さいように見えるけど、結構大きくて255×80mm。しかもスチール製だからかなり頑丈。計10本購入。そして棚板にはスーパーホームセンター、ジョイフル本田で線路の枕木を買って使おうかな。使えるかな。

しかし、枕木まで売ってるって。どんな店だ。それも年代物は「ヴィンテージ枕木」として売っていて、ちょっとだけ高い(笑)

 

 

こんな感じでずっと前から集めてきた「店が出来たら飾りたいものシリーズ」、ちょこちょこ登場しますね。

9月25日 晴れ

10時。表参道の友人が店長兼ディレクターを務める美容室THE OVERSEAへ。僕が吉祥寺で働いていた頃によく店に来てくれていたお客さんで(僕が彼のお客さんでもあったんだけど)、美容室は6月にオープンしたばかり。髪を切ってもらいながらいろいろな話をする。オープン直後のドタバタは終わったみたいだけど、やっぱり相当大変そう。それでも充実した様子はひしひしと伝わってくる。そういう姿に単純な僕は凄く影響を受けるんだよね。業種の違いとかをぴょいっと越えて。

ちなみにまだロン毛です。もう6年目。

 

帰りに表参道駅で面白いものを発見する。駅の中のカフェのバールにこんなびっくりなエスプレッソマシンが鎮座(という表現がぴったり!)してました。

こういうの見るとblackbirdのマシンも金色にしてよかった!って思う。だってなんか笑っちゃうもん、ダサくて。ちなみに下の写真左が最初の候補。これを2台使ってやろうという案があったんだけど、実は業務用ではないし、ちょっと無理かも・・・、というわけで同じELEKTRAの別の(写真右)金ピカに。ちょっと成金っぽい。そしてこれが通りから見える場所に鎮座することになる。言ってみれば看板代わり。

 

 

実際はこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

12時にD&DEPARTMENTでスタッフの田中さん、野口さん、鈴木さんとランチ。ありがたいことにブログを読んでくれているようで、説明しなくてもだいたいのことは知ってくれている。ブログって便利だな。そしてみんなに話をしている間に、自分の中のblackbirdに対するイメージがより深まっていくのが分かる。話しながら考え、そして考えながら話す。その繰り返し。

 

その後自由が丘の病院へ。退職して1ヶ月。体調はかなりいい。オーナーシェフなんてかっこいいこと言っても結局これからは(「も」ですね)体力が全て。血液検査の結果も正常値だって。よかったー!薬も少し減らせそう。

 

9月24日 晴れ 

朝10時からグラフィックチームとミーティング。

emblem(prototype)

emblem(prototype)

写真左がemblemのprototype。MixCDのジャケットとして、最初に作成されたもの。僕は凄く気に入っていて、周囲の評判もとても良かったけれど、更なる反省を踏まえ、左下のような形に変わることに。これが完成形。きちんとしたデータではなく、プリントされたものを僕の携帯で撮影しただけなため、多少画像は荒いけど、雰囲気が分かっていただけたら。大きな違いは、イタリア料理の象徴であるぶどうとオリーブが描かれていること。こっちの方が、ちょっとおいしそうでしょ。

 

 

emblem(ver2.0)

emblem(type2)

そして若干大きくなった主役のblackbird。今までThe Beatlesの公式対訳からblackbird=ツグミと訳してきたけど、=「黒鳴き鳥」とする訳があることが判明。きれいな声で鳴く鳥らしく、こっちの方がぴったりハマってる。ちょっとぷっくりしたblackbird達。どことなく楽しそうでしょ。

 

 

 

 

shop card

shop card

さらに完成したエンブレムを元に名刺/ショップカードも図案があがってきた。基本はエンブレムを生かすためにシンプルさを第一に考え、必要最小限の情報にとどめた上で片面のみに活版(いわゆる活字で作る版画のようなもの。版を紙に押し付けるため、軽い凹凸が出来ます)で印刷。裏は作成したスタンプを自分たちで押すことにし、地図と店の細かい情報をスタンプすればショップカードに、スタッフの名前をスタンプすれば名刺になるように構成。要は活版印刷のコストの高さをアイディアで補おうという作戦。紙も厳選した数種類からさらに絞って結局写真のような焦げ茶の厚紙に決定。そして、もっとびっくりなことに下に書かれた文字、オリベッティのタイプライターのフォントをベースに作成したオリジナルフォント[trattoria blackbird logotype]。かっちりしているけどどこか懐かしいフォントはemblemともぴったりで、全体の印象をぐぐっと引き締めてくれる。

 

その後も、webの構成、オープニングのDMのアイディア、テイクアウト用のコーヒープラカップ/サンドイッチ包み紙/コースターのサンプル等の話に。作業がブランディング的イメージづくりから実際のものに落とし込んで行く方向にシフトしてきた。

そしてオープン後落ち着いて、予算が取れたら作りたいオリジナルグッズ。

Tシャツ、ステッカー、エンボス機、ステンシルシート、本当のエンブレム(ジャケットや、コックコートに貼りたい)等々。

グラフィック的ここまでのレベルに到達できるなんて!

小物がそろってきて、手に取れることで一気に現実的になってきた気がする!

9月23日 春分の日 快晴 気持ちのいい青空

朝、昨日フジオにもらった丸山珈琲の豆を飲んでみる。豆自体はかなりの深煎りなのに、ほとんど苦みやエグみがない。スペシャルティーコーヒーっていうからもっとガツんっていうのを想像していたんだけど、拍子抜けするほど普通なのだ。でもって凄くいい香り。そして上品な味。エスプレッソ用を中挽きにしてペーパードリップしたから(しかも僕が)、本当のはもっとずっと美味しいんだろうけど。亜紀はちょっと物足りなそうな顔をしていたが、僕は凄く気に入った。今度の月曜日、丸山珈琲の営業の方と打ち合わせがある。お客さんに美味しいコーヒーを出したいというのもあるけど、それより何よりそのコーヒーをを毎日飲むのは僕なのだ。美味くなきゃ困る。徹底的にこだわろう。じゃなきゃ店舗取得費の2倍もしたエスプレッソマシンが泣く。まずは水戸で一番おいしいコーヒーが飲める店を目指そう。

 

朝ご飯中亜紀に「ケンくんてかえたんと話す時ちょっとオカマっぽくなるね」と言われた。なにっ!・・・でもそうかも。我ながらキモいかも。

 

昨日の勢いで今日もGodfather。調子に乗って保育園の送りの車の中でかけていたら、娘に「いつものお歌がいい!」と怒られる。

 

天気がいいからどこかに遊びに行きたかったけど、相変わらずやることは満載。大人しく帰って来て洗濯。そして国民生活金融公庫に提出する開業計画書を作成する。きちんと作って融資を受けられないと店を出せない。本当は借金なんかしない方がいいに決まっている。でも「東京で暮らして、娘を一人育てて、貯金なんかできるかー!」と思う。共働きで必死に稼いでも暮らすのに精一杯。全然贅沢なんてしてないのに。でもいろんな選択肢がある中で、東京で子供を育てルコとを選んだのは僕らだ。東京に居たくなきゃいなければいい。出て行きたきゃ勝手に出て行けばいい。そして僕らは出て行くことを選択したのだ。

 

適当に昼飯を食べて、昼休みに暇つぶしにYouTubeを検索をしたらIron and Wineのライヴが出てきた!もう最高!特にこの曲はここ何年かで一番好きかも。ほとんど鳴ってないギター。囁くような唄。空を飛んでいるようなメロディー、なのにタイトルは「飛べない鳥」。何回も何回も繰り返し見る。

鳥肌が立つ。

自由な気持ちになる。

9月22日 雨〜曇り 肌寒く、今年初めて長袖の上着を着る。

娘を保育園に送った後、その足で杉並区役所へ。乳幼児医療証を申請するための所得証明を取りにいく。銀行の振込も2件。

家に帰って冷凍のポルチーニのペーストでパスタを作り簡単に済ませる。D&DEPARTMENTのブログを覗くと僕が漬けた果実酒の写真が。実はあの写真をブログにあげた後、モーテルズのスタッフに「使わせてもらえませんか?」って声をかけられたのだ。店の宣伝にもなるし、こういう形で少しでもお役に立てればいいなと思い快諾。

夕方には雨があがるという予報を信じて洗濯。

5時に元ダイニングスタッフの安達さんとフジオと3人で飲みに。安達さんにはずーっと前から飲みに誘われていて、ようやく実現。場所は安達さん行きつけの(?)中目黒の10席くらいの飲み屋。5時のオープンと同時に飲み始める。店内にはテレビがあり、大相撲の中継。朝青龍が負けた。刺身を肴に瓶ビール。刺身が食えないフジオは煮魚をたのむ。3人ともそれぞれかなり話すことが溜まっていたみたいで、結局9時にその店を出て、2次会は近くの庄屋。そこも12時近くまでいたから計7時間飲んでいたことになる。これを書いている今、当然二日酔いだ(笑)。安達さんは昨年末にダイニングを退職して、NYに行ってまた東京に帰って来たこの半年でかなりいろいろなことがあったみたい。偉そうな言い方だけど、悩みながらも成長して腹が据わった感じかした。「少しの間、一人になって自分と向き合ってみようと思います」かぁ。いろいろあるんだろうけど、がんばれ。

 

ゴッドファーザーのサントラを聴きながら帰る。

なぜかあの枯れた音を時々無性に聴きたくなるのだ。

Godfather Waltzに揺られながら、1ヶ月後のシチリアの夜を思い浮かべる。キザな行為かもしれないけど、たまにはそんなことがあってもいいじゃないか。

9月21日 台風。一日中雨。

今日も亜紀が友達とランチ&美容院のため、娘と二人でお留守番。朝食の後、散公園まで散歩に行こうとすると雨が。仕方なく車で三鷹のJマートへ。大きめのペットショップがあり、娘もいつになく楽しそうだ。ここ1ヶ月、以前よりはずいぶん娘と一緒の時間を作れるようになった。でも引っ越して店の準備が本格化したら、また忙しくなるだろうから今のうちにできるだけ時間を作らなきゃな。

家に帰ってピーターパンを見ながら引っ越しの準備を少しずつ始める。

久しぶりに休日らしい休日。

13年間の東京暮らしもいよいよあと10日。

9月20日 晴れ

娘を保育園に送っていった後、家でたまった仕事を片付ける。ブログ書き。メールの返信。書類の整理。お金の管理。洗濯、掃除、炊事。処理しなければならない情報が日に日に増えて来ている。バタバタしてるうちにお迎えの時間。

今夜は亜紀が友達とご飯を食べてくるため、娘と二人で晩ご飯。

冷凍しておいたネパール風野菜カレー、玄米、麦茶。娘はカボチャが嫌いらしい。

お風呂に入れて、いざ寝ようとすると急に悲しくなったのか

「ママは?」としきりに聞いてくる。

「もうすぐ帰ってくるよ」と言うが、しくしく泣き止まない。

考えてみれば、もうすぐ3歳になるというのにこうして夜娘を寝かしつけるのは初めてのことだ。絵本を読んでいるうちに僕が先に眠くなりうとうとしていると「寝ないで!」と怒られる。

まったくダメな父親だ。

昨日のレセプションに元FLOOR!!!のオーナーの森田さん夫妻がいらしていて、少しだけご挨拶させていただいた。

FLOOR!!!はRoundaboutのビルの3Fにあったカフェで、2000年〜2007年まで営業していた。オープン当時はいわゆるカフェブームのまっさかり。同じような店がいっぱい出来ていく中で、FLOOR!!!は全てにおいて格が違った。料理も食器も内装も音楽も、全部にオーナーのこだわりとセンスが感じられて、5分に1回は「あぁ、こんなこともしていいんだ」と思う店だった。

以下、当時何かの本で森田さんが目標、理想を聞かれた時の答え。

「物事の本質を見極めること、またその提示。奇を衒うのではなく、感動してもらえる場を創ること。その場を通しての人の繋がりとその拡がり。まだまだ途上です」

当時、27歳(確か)の彼の言葉に23歳の僕は本当に驚いてしまった。そして暇さえあれば通ってなにするでもなく本を読んだりしていた。そこにいるだけで文化的感性を刺激されるようなそんな場所。いつか自分も作りたい、そう思う大きなきっかけになったと思う。「オーナーがblogを書く」というスタンスも、彼から学んだことだ(森田さんの文章はぶっちゃけていて毒があって、面白かった)。残念ながら、FLOOR!!!は昨年閉店してしまったが、その考え方やセンスを垣間見れたのは僕にとって大きな財産だ。

 

そして、帰りに元KuuKuuスタッフの矢野君にも会った。

KuuKuuは今は料理家として活躍されている高山なおみさんがシェフをしていたエスニックベースの無国籍料理屋で、僕も大好きな店だった。残念ながら何年か前に閉店してしまったが、料理も、接客も、内装も全部あったかくて、いつ行ってもいい雰囲気。当時は高山さんも厨房にいて、小さい体で中華鍋を振っている姿が印象的だった。矢野くんに会うのもおそらく6年ぶりくらい。元気そうでよかった。

 

FLOOR!!!、KuuKuuと僕が以前お世話になっていたタイ料理屋のPeppermint cafe(ペパについてはまたの機会に)の3店。25歳頃の僕が大好きだった吉祥寺の店。

 

急に思い出してみました。

9月19日 曇り→雨。台風が来るらしい。もわっとした暑さ。

7時に起きて、出発の準備をする。今日は一週間ぶりに東京へ帰る日。台風来ないうちに移動してしまいたい。

「混ぜご飯炊いておいたから持ってきな。おからも一緒に入れておくから」と母。相変わらずだ。

道は空いていて、常陸太田から2時間半で杉並まで着く。帰ったらオイワケと広政夫妻から荷物が届いている。オイワケからはワイヤーで作った鳥。アンティークらしい。blackbirdにちなんでだって。広政夫妻からはこの前会った時の写真と最近気に入っているというCDとJAZZFUNKのMIXCD!やった!

 

6時前に保育園にお迎えに行く。娘はまた前髪をぱっつり切って、かなりかわいくなってる。今日はこの後吉祥寺までOUTBOUNDのオープニングレセプションに行くのだ。OUTBOUNDはRoundabout小林君の二つ目の店で、「置いているものはRoundaboutよりやや非日常に振れた感じ。でも根底のマインドは同じ(つもり)です(本人談)」だそう。僕らは夫婦そろってRoundaboutの大ファンで、僕はこの日に合わせて東京に戻って来たのだ。業種は違うけど、考え方やセンスなど、本当にいっぱい勉強させてもらったなぁ。だってレセプションのインヴィテーションからして全然違うのだ。OUTBOUNDはお店というよりギャラリーといった佇まいで、かなり落ち着いた雰囲気。洒落ているけど嫌みがないんだよね。全部がすんなりハマってる感じがする。それとよくこんな場所に店を出せるなぁ。僕ならいくら吉祥寺とはいえ、こんな人通りのない場所に店をだす勇気ないや。でもそこが2店舗目の強さなのかな。

娘はケータリングの巨峰をだれよりも食べて、Tシャツまで紫にして、短い前髪で結構かなり目立ってた(笑)。久しぶりに会えた人もたくさんいて、楽しかった。