4月30日(木)

本日の仕入れ

  • アジ(今日マリネして明日以降登場。脂がのって一番おいしい時期)
  • イシモチ(香草焼き)
  • 生ホタルイカ(フリット、パスタ。卵が入って身もふっくら)
  • むきツブ貝(生食用。マリネしてサラダ仕立て)
  • ヒイカ(フリット、パスタ)
  • イワシ(パスタ)
  • アサリ(特大。パスタ)
  • 真鯛(地物。カルパッチョ)

〈今日のイタリア語〉
macchiato 染みのついた、(馬などの)まだらの、ぶちの、(紙が)変色した

caffe macchiato といえばミルクを少量加えたコーヒー(コーヒーでミルクで染みを)、latte macchiato といえばコーヒーを少量加えたミルク(こちらはミルクにコーヒーで染みを。いわゆるカフェラテです。)
某大手コーヒーチェーン発信のキャラメルのやつは後者ですね。

ところがマッキャート=キャラマキみたいな甘いものという図式が多くの消費者の中に成立してしまっているのが実情。
違うんだよーほんとのマッキャートはこういうのなんだよーという想いを、一杯200円(バンコ価格)のコーヒーに託しているのです。
今日もblackbirdバールマンたちの世直しは続く…。

※昨日は祝日で市場がお休みのため、食材速報もお休みしておりました。じゃあゴールデンウィークの食材はどうなるの???という皆様、策は練っておりますのでご安心を。

いや〜、忙しい。

朝8時半から23時半までぶっ通しで動きっぱなし。

ゴールデンウィーク暇だって言ったの誰だ!

普段見かけないお客さんがたくさん来てくれている気がする。

今日、今月あと2営業日を残して目標売上を達成。

前半かなり苦戦したこと、そしてこのどうしようもない不況の中大健闘の数字である。儲からない儲からない言ってきたが、やっていけなければ話にならないので、本当にありがたい。

忙しいながらの問題も起きている。
昨日、今日のランチタイム。いつも来て下さる親子(お母さんと娘さん)を二日続けて満席でお断りしてしまった。冬のお客さんが全然来ない時期に毎週毎週来てくれていた大事なお客さんなのに・・・。申し訳ない気持ちでいっぱいだが、忙しくなることとはそういうことなのかな。どうバランスをとっていけばいいんだろう。

これを読んでいるみなさん。
面倒なのは分かりますが(ご来店直前でもいいので)一本電話下さい!
029-224-5895
です。

それかお時間がある方は、席が空くまでバンコでフジオを肴に食前酒でも楽しんで下さい。

4月28日(火)

本日の仕入れ

  • ズワイガニ(特大。パスタ)
  • アサリ(いつものです。パスタ。昨日、美味しいのでどこで買ったか教えてほしいというお客様がいました。)
  • 金頭(カナガシラ。パスタ)
  • 殻つきホタテ(フリット、パスタ)
  • ボイルホタルイカ(パスタ)
  • イサキ(フリット、パスタ、香草焼き)

〈今日のイタリア語〉
banco ベンチ、(簡単な)机、仕事台、陳列台、銀行(bancaと女性名詞で言うのが普通?なのかな?)

と、このようにいろんな意味を持つbancoという名詞ですが、bar(バール)においては「カウンター」を指します。

イタリアのバールには必ずこのbancoがあって、コーヒーでもお酒でも、立ち飲みで安く楽しめるのです。

blackbirdのbancoももちろんこれを踏襲、飲み物はなんでも着席より150円引きです。軽く前菜をつまんだりもできます。

でもbancoの魅力は値段の安さだけではないですね。
バリスタ(バールマンという呼び名のほうがイタリアでは好まれるらしい。フジオやタグチはどうでしょう。)と世間話をしたり、お客同士挨拶を交わしたり、bancoでいつのまにか顔なじみが増えていたり。
そんな、人と人とをちょっと結ぶのも、バールにおけるbancoの役割なのです。

オープン4ヶ月ちょいにして、blackbirdはかなりの数の常連さんに御贔屓にしてもらっている。営業時間が長いのもあるが、一日に複数回来る人が何人もいる店なんて、日本中探してもそんなにないんじゃない?ってなもんである。
確かに「イタリアのバールはそうで、blackbirdもそうなればいいなぁ」と書いたけど、本当にそうなるとちょっとびっくりする。

ここのところ個人名が頻発し、外側から見ていると「なんだか盛り上がっているなぁ・・・」ってな感じに見えるblackbird。

でも、だ。

僕らは「友達だから」来てもらっているのではない。「美味しいもの」を常に提供できるように、僕らは常に神経を研ぎすましている。毎日来る人が多いってことは、他の店以上に『飽きられないための努力』が必要になってくるからだ。

「アットホームでくつろげるお店」
「友達みたいなスタッフがいて楽しいお店」

とはハッキリ一線を引いている。
誰が来てもいい。
もちろん常連さんを大切にする気持ちに変わりはないが、
根本的には常連とか、一見とか、関係ない。
誰が来てもバンコじゃ平等だし、内輪うけのネタで盛り上がるような
暇は一秒もないのだ。

大切なのは¥150のエスプレッソに魂を込められるかどうかだ。

4月27日(月)

本日の仕入れ

  • 牡蠣(パスタ)
  • 殻つきホタテ(パスタ)
  • ヒイカ(フリット)
  • ムール貝(白ワイン蒸し)
  • 鰆(さわら。カルパッチョ)
  • 真鯛(アクアパッツァ)

なかなかの充実ぶり。
週末時化(しけ)だったため、明日以降食材が減りそうとの情報により、本日大量入荷。
どれも鮮度抜群で基本的に生で食せるものばかりです。

〈今日のイタリア語〉
maestro (音楽家、指揮者、作曲家を指して)マエストロ、師匠、教師

すっかり日本語としても使われるようになったこの単語ですが、イタリア語(またはスペイン語。要するにラテン語源)です。

昨日の公開ゲネプロでは、マエストロ小澤率いる水戸室内管弦楽団のハーモニーを堪能させていただきました。

水戸芸術館のヤマモトさん他関係者の皆様、こんな素晴らしい企画を本当にありがとうございました。豊かで贅沢で幸せな時間を過ごすことができました。

一部のクラシックファンだけのものにしておくなんてもったいない、水戸市民が水戸室内管弦楽団をもっともっと自分たちの財産として大事にして、盛り上げていけたら、この上ない街の活性化に繋がるんじゃないかしら。と思いました。

音楽とはそもそも、難しいものでも特別な人たちのものでもなんでもなく、悩み迷いながら日々を生きるすべての人に開かれているのだ、というマエストロ小澤の想いを感じに、明日の大スクリーンコンサートにも足を運ぶつもりです。

先日新聞を読んでいたらデカデカと
「イオン、食パン一斤¥88」
と出ていた。
¥88だ。
そんなの誰もかなうわけないじゃないか。

今週から食材速報を始めた。
効果は上々だ。特に毎日来て下さるような常連さんはその日の食材をチェックし、食べたいものに想像力を膨らませてくれているらしい。東京の友人からは「うっかり夜中に見ちゃうとお腹がすいてイライラする(笑)」というお褒めの言葉までいただく次第だ。

僕らにはイオンほどの資金力も広告力も人員力もない。だったらせめて知恵と行動力くらいは持っていたい。そんなゲリラ的作戦に今最も有効なツールはやっぱりブログであろう。

売るための努力。
人を集めるための努力。

trattoria blackbirdはまず日本一生きたブログを目指そうと思う。

2週間続けてきた朝営業ですが、ゴールデンウイークを挟む2週間(4月27日〜5月10日)はお休みさせて下さい。

そのかわり、連休明けの5月11日からは月曜日〜金曜日!毎朝8時から営業いたします。

引き続きよろしくお願い致します。

会場に入ると演奏者達が思い思いに音出しをしている。みんな普段着で、張りつめた空気はない。入口で頂いた冊子を見ていると一瞬会場内がざわつき、空気の流れが変わった。ステージを見るとダウンジャケット(!)にカーゴパンツ(!!)ボサボサ頭(これはいつもですね)の小澤征爾さんがいる。

「20年前、初めてこの場所(水戸芸術館コンサートホールATM)でコンサートを行った時、アンコールでやった曲です」
という説明から始まった曲はなんとバッハの「G線上のアリア」

680席の小さいコンサートホールだけ重力から解放され、ふわりと浮かんだような感覚に襲われる。大袈裟な話ではない。あまりにも完璧なアンサンブルで、本当にそこで演奏されている気がしない。小澤さんはステージの中央でゆっくりと、まるで太極拳をしているかの様に動いている。演奏者達も大きなひとつの意志を持った生き物のようだ。

疲れ、寝不足、イライラ。
ここ何日か、僕を取り巻いていた感覚が溶け出して流れていく。

生きていてよかったなと思う。

あらためて思う。
こんなに素敵な芸術館のある水戸に引っ越してきて本当によかったと。
地方にいても何も諦めなくていいんだ。
大切なことを大切なままに暮らしていけばいいんだ。

「水戸芸術館がなかったら、とっくに水戸から離れていたと思いますね(シモムラセンセイ:愛知県出身)」

オープン前からずっと言ってきていることだけど、blackbirdではもっともっと水戸芸術館を援護射撃していこう。

水戸芸術館が日常的にある暮らしをより多くの人へ。

水戸芸術館広報のヤマモトさん、音楽部の皆さん、こんなに素敵な場を作って下さって本当にありがとうございます。きっと現場は想像を絶する大変さだったと思いますが、感動はしっかり伝わりましたよ。火曜日に千波湖で行われる野外スクリーンコンサート、残念ながら僕は参加できませんが、アキと娘はお邪魔する予定です。がんばって下さい。

今週はハードだったなぁ・・・。

忙しいのはとってもありがたいけど、だんだん料理の仕込みが追いつかなくなってきた。
なんとかして立て直さないと・・・。

あぁ、眠い。

明日は水戸芸術館で小澤征爾指揮の水戸室内管弦楽団定期演奏会のゲネプロ。楽しみだなぁ。
早起きしなきゃなぁ。