フジオです。
フジロック二日目7/25 satのレポートです。

晴。
昨日とはうってかわって青い空、白い雲、夏の空。
気温もテンションも上がりそう、そんな二日目がスタート。
今日のお目当てはDINOSAUR JR.着ていくTシャツはもちろんDINOSAUR JR.。

11:00 FIELD OF HEAVEN
「TOM FREUND」
FIELD OF HEAVENに向かう前に物販へ、狙ってたTシャツをゲット
昨日は無かったTORTOISEのTシャツが売ってる!もちろん購入。
二日連続でさくらぐみのピッツァを食べる、こんなピッツァが水戸でも食べたい。
さて、肝心のTOM FREUNDですが、サンサンと照りつける太陽の中、
とても爽やかな風を吹かせてくれました。
昼間にはこんなフォークなバンドがよく合いますね。
後方で椅子に座りながらまったりと堪能。

12:20 FIELD OF HEAVEN
「HAYLEY SALES」
引き続きFIELD OF HEAVENに留まってHAYLEY SALESを。
終止、ヘイリーはニコニコと会場もニコニコと爽やかで楽しいステージ
ヘイリーがコーラスの仕方を観客に教えている、とても可愛らしい。
あまりこのジャンル(サーフ系?)は聴かないのだが
こうやって新しいジャンルの魅力を知る事ができるのもフジロックだからこそ。
ライブ途中に目の前をガイジンさんが足早に通過する。
前夜祭に続き2回目の、おおっ!「THE INSPECTOR CLUZO」だ!

13:00 ORANGE COURT
「THE INSPECTOR CLUZO」
先ほど目の前を通過したTHE INSPECTOR CLUZO、
前夜祭も観てるので2回目です。
時間通りに始まらない、押しているみたいだ。
待つ事、15分くらい観客もかなり集まって来てジッと待っている。
登場、バラードから入る、でたよでたよこのパターン、
一転変わってゴリゴリなロックサウンドを炸裂させる。
で、また甘いバラード「日本の女の子大好き〜」なんて歌ってる。
でもってまたゴリゴリ、完全に鉄板ネタになっている。
歌も演奏も抜群に上手い、だから面白い、笑える。
とりあえずディスりまくる、ベースプレイヤーにアメリカの飯。
お客さんをステージに上げて叫ばせて踊らせてやりたい放題。
最後はドラムセットを破壊して終了、最高におもしろかっこいーゼ。

15:10 WHITE STAGE
「筋肉少女帯」
WHITE STAGEへ移動、結構人が集まってるなー。おっ登場。
オーケンが叫ぶ。
「どこまでアウェーなんだあー!!いつ何時、どんなフェスに出てもアウェイ。
それが筋肉少女帯だあー!!」
「よりにもよって、フジロックで筋肉少女帯。その時点で、
今年の夏は失敗だと思えよおー!!」
セットリストは代表曲を中心に、知らない人でも盛り上がれる。
演奏六割トーク四割くらいの時間割、最後は完全にホームでした。

16:40 WHITE STAGE
「MELVINS」
筋少でガッツリ笑ってお腹が減ったので軽く腹ごしらえ、MELVINSを待つ。
ヘヴィロックのゴッドファーザーが登場、その出で立ちから場が締まる。
ドスンドスンと鳴り響くヘヴィーなサウンド、まるで巨人が歩いている様、
2006年からツインドラムになったようで、より一層凄みを増しているようだ。
BUZZ OSBORNEの鏡面ギターがカッコイイ、コロコロとギターを変える
ギタリストが多いが、これ一本でやりきる、シビレル。
終止、爆音、轟音。ライブ終了大満足。

18:20 RED MARQUEE
「BRIGHT EYES」
DINOSAUR JR.が控えてるので早めにRED MARQUEEに入っておく。
スイマセン、眠くてあんまり憶えてないんですが、
終止BRIGHT EYESらしいまったりとしたステージでした、
夕方のFIELD OF HEAVENで観たかった、ちょっと残念。

20:30 RED MARQUEE
「DINOSAUR JR.」
ド本命です。
始まる前のセッティング、長髪白髪がいる。J.MASCISだ。
DSC01397
「期待なんて真っ平ごめんだ、牛になりたい」
彼の名言、いつかこんな事をいえる人間になりたいもんだ。
時間通りに始まる、MELVINSが巨人ならコチラは名前の通り恐竜。
爆音が突進してくる、でもヴォーカルはとっても気だるい。
破壊と脱力が同居する、そんなのは奇跡じゃないか、スゴイゾ。
バンドとオーディエンスの一体感なんてあるようでない。
「オレ達は勝手に演奏するからお前ら勝手に騒げば?」
オーディエンスの熱気や歓声なんかに答えない、
全部音の壁で跳ね返してる感じ、スゴイゾ。
文句無しの今日のベストアクト。

21:30 GREEN STAGE
「FRANZ FERDINAND」
DINOSAUR JR.で満足したけどせっかくなのでヘッドライナーを。
うーん、DINOSAUR JR.の後だからかグッこない、パフォーマンスもイマイチか?
一度武道館の単独に行ったけど、その時もイマイチだったんだよな。
TAKE ME OUTを聴いたらGREEN STAGEを後にしました、残念。

二日目終了。
早めに帰ったのが正解だったのか、スムーズに宿に着く。
天気は時折雨が降りましたが、なんとか持ちました、よかった。

大満足な二日目。
フジオでした。

7月31日(金)

本日の仕入れ

  • 岩ガキ(生)
  • 新サンマ(カルパッチョ)
  • ホタテ貝柱(カルパッチョ、パスタ)
  • 活ズワイガニ(パスタ)
  • ムール貝(白ワイン蒸し、パスタ)
  • アサリ(パスタ)
  • コチ(フリット)
  • 小鯛(パスタ、アクアパッツァ)

久松農園から、トマトが入っています。あと、なす、モロヘイヤ、バジル、きゅうりが今日届きます。

trattoria blackbirdは水戸公設市場内『吉河』さんの全面協力のもと、地元の魚介を中心に、日本全国から集めた「その時期いちばん安くて美味しい=旬」の食材を使い、《水戸発》の新しい食文化を提案していきます。

〈今日の公共広告機構〉

叱られたのはあなたが愛されている証
くじけそうなのはあなたが進んでいる証
つらいのはあなたがあきらめていない証

久松農園のブログより。

私が愛してるがゆえに毎日叱ってしまうあの子にも伝えたいぜ!


フジオです。
フジロック初日7/24 friのレポートです。

雨。
雨の降らないフジロックなんて考えられない、毎年必ず雨は降る。
雨さえも楽しむのがフジロッカー、でもね、そりゃ晴れてたほうがいいし、
この日は風も強くかなりタフな1日、ハードでした。

11:00 FIELD OF HEAVEN
「ASA-CHANG&巡礼」
豪雨の中待つ、物販を覗くがTORTOISEのTシャツが無い、ナンテコッタ…
さくらぐみ(ピッツァ屋さん、激ウマイ)のピッツァを食べてると
ASA-CHANG&巡礼が登場、今年のフジロックがいよいよスタート。
ゆるやか、お客さんもタブラのリズムに合わせてユラユラと揺れる、
雨の音と電子音が重なり合ってなんとも心地よい、体に音が染みる。
一番の盛り上がりは同じ時刻にGREEN STAGEでやってるスカパラのカバー曲
「ウーハンの女」ASA-CHANG途中までラッパを吹いていたが、突然
「ラッパはなれないんで歌っちゃいます!」なんてサプライズ。

14:00 RED MARQUEE
「M83」
GREEN STAGEの「DOVES」と迷ったが安定感より期待感でコッチへ
予備知識はあまり無かったけど、ポップな楽曲と少し古くさいキラキラとした
エレクトロサウンドはとても入りこみやすく、女性ヴォーカル、ギターノイズ、
が幾重にも重なりあってとても良いステージでした。
後半は一転してダンサブルに、横ノリました。

15:20 ORANGE COURT
「Räfven」
前夜祭で観たRäfven、昨日観てはまったのでもう一度観る。
降り続く雨のせいでORANGE COURTはグチャグチャの田んぼ状態
昨日充分踊ったので、後ろの方で座りながらゆっくりと、時折踊ったり。
前のモッシュピットはなかなかの盛り上がりをみせている
前夜祭から流れて来てるお客さんが多いんだろう、いい一体感。

16:.30 FIELD OF HEAVEN
「JEFF LANG」
ギターの魔術師、その異名は本物。
GREEN STAGE出演の大物達を蹴ってまで、ココいた意味は充分すぎる程。
ギター、ベース、ドラムの、これぞロックの3人編成でしたが
彼の指使いでフォークにでも、メタルにでもなってしまう。
お天気も味方して雨が止んだ、楽しみにしていた膝置きギター、
観客のボルテージも一気にあがり、体が勝手に動き出す。
ギターはテクニックじゃない魂で弾くモンだ!と思ってましたが
やっぱりテクニックも大事だ、圧巻のステージでした。

18:30 FIEKD OF HEAVEN
「TORTOISE」
シカゴ音響派の超大物、ポストロックの先駆け。
今日、一番期待していたTORTOISEがいよいよ登場。
音の構成、抑揚の付け方、スクリーンに映し出されるアートワーク。
お客さんが集中しているのがよく分る、みんな少しでも聞き漏らすまいと
目に焼き付けようと、脳に刻みこもうと、体に染み込ませようと必死だ。
曲によってメンバーがローテーションで楽器を変えていく、
曲のイメージや、その人だけの音やタイミングを考えての事、
そこまでやるからTORTOISEは唯一無比の存在であり得るのだろう。
つまり今日のベストアクトです。
ライブ終了後にタグチ発見、TORTOISEにご満悦だったのか
ニヤニヤして気持ち悪かったので声は掛けませんでした。

21:30 GREEN STAGE
「OASIS」
少し時間があったのでRED MARQUEEでSIMIAN MOBILE DISCOへ向かうが
RED MARQUEEがパンパンで入れない、外で3曲ほど聴いてから
GREEN STAGEへ移動、彼らを待つ。
待ってる間、外人のお客さんが歌いながら騒いでいる、待ちきれないんだろう。
僕は頭の中で1曲目の予想をしていた、「Rock’n’Roll Star」希望。
照明が一瞬落ちる、来たOASISだ。
イントロ、正解!一曲目は「Rock’n’Roll Star」!
リアム声出なくなったなーリアム老けたなー、これは正直な感想。
でも機嫌は悪くないようだ、タンバリンをくわえたり頭に乗っけたり。
セットリストもベストな選曲でヒートアップ、お客さんも歌う歌う
個人的にはド定番ですが「Morning Glory」が良かったデス。
そこにいる皆が待っていた「Don’t Look Back in Anger」は
アコースティックなアッサリめ、少し消化不良でしたが、
フジロックはまだ初日、程よい満足感が丁度良いという事で。

初日終了です。
激しい雨と風で体力を消耗、なれない長靴で足を痛めた上に
欲しかったTシャツが買えなかった事もあり、テンションは正直低め。
まだ、後二日あるので山の神様に期待してこの日はさっさと宿で休もうと思ったら…
帰りの人の波に飲み込まれて全然宿に戻れませんでした。

ハードな初日。
フジオでした。

アップするのが大変遅くなりました。おなじみ、センセイによる芸館レポートです。私たちが苗場で遊びほうけている間も、センセイの活動は止まりません。

———————————–
高橋悠治の肖像
(水戸芸術館コンサートホールATM)

作曲家・ピアニストの高橋悠治さんの企画・構成・出演による、ご自身の創作の軌跡をたどる演奏会。
1964年の作品から2007年の作品まで、ピアノ、ヴァイオリン、朗読、ギター、パイプオルガン、尺八、うた、などによる曲で、各曲の前に、高橋さんの簡単な解説が付きました。
プログラムの文章にもありましたが、自分の中を過ぎ去って行き、はっきりとした形で記憶に残らないけれど、通り過ぎて行ったことがずっと自分の中に残る、そんな感じがする音楽でした。
美しい音楽、熱のこもった音楽、とはまた違った音楽が聴けた、とても良い演奏会でした。こういう体験が身近に出来るのは、本当に幸せなことだと思っています。
———————————–

7月30日(木)

本日の仕入れ

  • 岩ガキ(サイズ小さめですがお安くお出しします。生)
  • 本マグロ(カルパッチョ)
  • 新サンマ(カルパッチョ、パスタ)
  • 平ガニ(フリット、パスタ)
  • ゴマサバ(パスタ)
  • メバル(アクアパッツァ、トマト煮込み)

昨日のカツオがまだ少しあります。
フルーツトマトも引き続きあります。冷製カペッリーニは3歳の娘も大好き。

trattoria blackbirdは水戸公設市場内『吉河』さんの全面協力のもと、地元の魚介を中心に、日本全国から集めた「その時期いちばん安くて美味しい=旬」の食材を使い、《水戸発》の新しい食文化を提案していきます。

〈今日のイタリア語〉
ereditario 遺伝的な、先祖伝来の、世襲の、相続の

フジロックの帰りに、そのまま越後湯沢から上越新幹線を下り、鶴岡に帰省してきました。2泊3日の短い間でしたが、じいじばあばに孫の顔を見せ、いとこ同士遊ばせて、姉妹でおしゃべり…といつもどおり楽しんできました。

かえでのいとこのかずさちゃん、かえでと同じく3歳。お絵描きとぬり絵が大好き。しかも上手。パーツごとに塗り分けて、チューリップのギザギザもちゃーんと描ける。

一方のかえでは、嫌いではないようだけれど、大胆というか何というか、どんな絵もだいたい一色に塗りつぶす。お歌のほうが好き。最近のお気に入りは「シュー」by RCサクセション。かずさちゃんにも教えて一緒に歌っていた。

そんな二人の家系はというと、かずさちゃんのおじちゃんおばちゃんは美大出身。かえでの父(もちろんシェフ)は元ミュージシャン志望(笑)、じいじもギターが弾けるし親戚にバンドマンもいる。

”遺伝的な?”(若者的な感じで)

フジロックのドタバタの間にいろいろなことが起きています。

【MDFが始まりました】
blackbirdもTシャツを出品している水戸デザインフェスが始まっています。会場はご近所の文化デザイナー学院さん。最終日の8日のクロージングパーティーにはブラックバードがケータリングで出店します。前売り券絶賛発売中!ブラックバードTシャツへの清き一票を!

【blackbird オリジナルTシャツ】
MDFに出品しているオリジナルTシャツ、サンプルを明日ブラックバード店内に展示します。価格は¥3850です(¥4000出して¥150のお釣り。帰りに立ち飲みでエスプレッソ飲んでいって下さい:笑)。全国通販もします。受注生産のシリアルナンバー入り。はっきり言って自信作です!詳細は近日中に!

【しらとりマッサージ×ブラックバードコラボTシャツ製作中】
何ヶ月か前にシラトリさんに冗談で「じゃあコラボTシャツでも作りましょうよ」と言ったのがとうとう現実に。デザイナーはしらとりマッサージのロゴマークでもおなじみの横山さおりさん。黄門祭りまでには完成させて、みんなでお祭りに着ようと目論んでおります。

20090723 前夜祭
13:00
予定より1時間遅れで水戸を出発。途中ラーメン屋でお昼。ひたすら国道50号を前橋方面に向かって真っすぐ進む。BGMはミッシェルガンエレファント。Rock!

16:00
伊勢崎から北関東自動車道に乗って前橋で関越へ。道は空いている。途中雨が降ったり止んだり。

16:40
高速を降り、一路苗場へ。急な坂道と深い霧に少し緊張する。雨量も次第に多くなってきている。途中から山の間をぬって走る絶景にカエデが「お山だお山だと」興奮している。

[aki]お山に興奮しつつもカエデが突然「しあわせ」「さいこー」と言って私たちをびっくりさせる。

17:30
苗場に到着。激しくはないが、しとしとと雨は降り続ける。先行しているタグチにテントを張ってもらってはいるものの、3人分の着替えと寝袋はかなりの荷物。悪天候を恨むも仕方ない。

18:00
テントに到着。荷物もそんなに濡れずに済んだ。今回のために購入したコールマンの5人用のテントは広々として快適。カエデがはしゃいでいる。

20:00
キャンプサイトを出て前夜祭が行われているオアシスへ。ゲートを抜けると目の前にどでかい花火があがりカエデは「花火が欲しい」とぐずる。恒例の盆踊りは終わってしまったようだ。最初のバンドを横で聞きながらビールとタイ料理で乾杯。カエデもタイラーメンなら食べ慣れているし、じゃんじゃん食べられる。運転の緊張もあってか、ビールがやたらと美味い。雨さえ降ってなければね(会場内は傘の使用は禁止されているため、参加者はほぼ全員カッパを着ている)。

20:30
あまりの音のデカさにカエデが「テントに帰りたい」と言い出す。アキに任せて僕は引き続きライブを見ることに。会場でフジオ夫妻とオイワケに再会。オイワケは去年スタッフとして参加するほどフジロック好き。考えてみれば僕のまわりにはフジロックファンが多い。

[aki]ここでフジオたちに会うチャンスを逃した私は、結局フジロック期間中1秒もヤマダ夫婦に会ってない。

23:00
疲れもあったので、ライブは続いていたけどテントに帰る。いよいよ始まるんだ。

※デジカメが濡れるのがイヤで写真は1枚も撮らず。

[aki]雨対策として買った水中用使い捨てカメラはフラッシュがついていないという「使えない」代物。翌日に期待。

20090724 1日目
8:30
激しい雨音で目が覚める。
夜中、テントが吹っ飛ぶんじゃないかというくらいの風が吹いていた。カエデとキャンプサイト内の温泉に行く。混んでいて20分くらい待ったが温泉はとても気持ちよく、体にしみ込むようだ。最初は緊張していたカエデも楽しくてはしゃいでいる。

10:00
11:00からのスカパラが見たかったけど、混雑と激しい雨により諦める。子連れのフジロック。急いだり焦ったりイライラしたりするために来たんじゃない。まずは家族の安全を優先させることが第一だ。とりあえず朝ご飯とビールと赤ワインを買って食べる。テントに戻ると急に眠気が襲ってきた。赤ワインが効いているのだろう。

16:00
ところ天国でチャラを聴く。引き続き雨、雨、雨。

[aki]私はカエデをおんぶした状態で激混みのホワイトステージ後方にチャラを一目見に行く。カエデは「見えないから肩車して」と言うがさすがにそれは迷惑極まりないのでやめておく。ちょっとだけ歌った「あいのうた」に感動。

17:30
Patti Smith。熱いメッセージが心に沁みる。平和の使者として語られることが多いけど、この人の根底にあるのはいつでもパンクスピリッツだ。

[aki]結局、このパティ・スミスがちゃんと聴いた最初のアーティストだった。何てこと。雨め。

19:20
Paul Weller
バンド編成でのライブだが、とにかくカッコいい。
途中でカエデがテントに帰りたがり、アキと一緒に戻る。デカイ音には慣れないらしい。そりゃそうだ。
終演後タオル2枚とビニールのカッパを買う。昨日から降り続いた雨で着ていたカッパが浸水。

[aki]雨の中、荷物を持って17キロの幼児をおんぶしてテントまで帰る。大変だったけど「これがフジロックなんだ。弱音吐いちゃいけないんだ。」と思っていた。グリップの効く防水の靴を買っておいてよかった。ビブラム社とゴアテックス社に感謝しながら歩く。素晴らしい素材を開発してくれてありがとう。

21:30
oasis
97年の武道館以来だから僕自身としては12年ぶり2回目のオアシス。リアムの声が出ていない。あまり調子が良くなさそうだ。昔に比べるとドラム&ベースのリズム隊がとても良く全体的にタイトな印象。出来が良くなくても流石はオアシス。王者の貫禄。ミドルテンポのロックンロールをやらせたら右に出るものはいない。
雨はどんどんひどくなる。

23:30
とにかく疲れてテントに帰って泥のように眠る。

blackbirdのブログをご愛読いただいているみなさまへ。

まずは、この度のサイトリニューアルに際して、事前にお知らせが十分できていなかったことをお詫びいたします。

何日か繋がりにくい状態となっていました。ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

現在は概ね復旧しているようですが、モバイルの対応がまだ十分できていません。機種によって表示のされかたが違うのを確認しています。こちらは今後徐々に修正を重ねていきますので、どうか気長におつきあいください。

さて、新生blackbirdサイトですが、以前と構造が若干違っているので、ちょっと解説しますね。

  • みんなのブログ→→→トップページのresent entriesに最新3つが表示されます。過去の記事はBLOGから。タグチくんのが読みたいよ〜という方は、右メニューのauthorsからお選びください。執筆者別に表示できます。
  • 食材速報→→→トップページの右側に最新が表示されます。過去のはNEWSから。BLOGとは入り口が分かれましたのでご注意を。
  • お知らせ事項→→→トップページにHEADLINEとして表示されます。
  • 検索→→→検索窓ができました。これでいつでも読みたい記事を探せます。食い逃げだぁ〜!!とか、気合いだぁ〜!!とか、あきらめんなよぉ〜!!とか。

現時点では以上。
今後更に読みやすく、使いやすく進化させていきますので、これからもどうぞご贔屓に。

7月29日(水)

本日の仕入れ

  • カツオ(カルパッチョ)
  • ホッキ貝(カルパッチョ、パスタ)
  • アジ(マリネ)
  • ムール貝(白ワイン蒸し、パスタ)
  • ワタリガニ(パスタ)
  • スルメイカ(フリット)
  • イワシ(マリネ、パスタ)
  • フルーツトマト(久々入荷。冷製パスタ)

trattoria blackbirdは水戸公設市場内『吉河』さんの全面協力のもと、地元の魚介を中心に、日本全国から集めた「その時期いちばん安くて美味しい=旬」の食材を使い、《水戸発》の新しい食文化を提案していきます。

〈今日のイタリア語〉
festa 祭り、お祭り騒ぎ、楽しいできごと、祝日、パーティー

こちらは黄門祭りの話じゃありません。あぁ…完全に”祭りのあと”って感じだな。夏休みが終わった子どもといっしょだ。今日からまたがんばらなくっちゃ、来年も”祭り”に行けるように。だから雨乞いはしないで〜。

フジロックレポートが途中ですが、ひとつ言わせて下さい。

疑問。

「なんでロックインジャパンフェスと黄門祭りは毎年同じ週末に開催されるのだろう?そして今年だけ黄門祭りが1週間遅いのはなぜ?来年以降はまた元に戻るの?」

これについて明確な答えを知っている方います?いたらメールで教えて下さい。

水戸以外の人にはちょっと分かりづらいので説明しますと、黄門祭りというのは水戸駅北口の国道50号を歩行者天国にして大々的に行われる夏祭り。
ロックインジャパンフェスは水戸のお隣ひたちなか市で開催される日本最大級のロックフェス。観客は述べ10万人を越え、チケットはここ何年かは即完売するほどの人気。

この2大イベントが毎年同じ週末に開催されている。

なぜ?