1月1日 晴れ

昼過ぎに起きる。なんだか元旦っぽくない。理由は簡単。ウチにはテレビも新聞もないから。あまりにも浮き世離れするのはどうかと思うし、日経くらいは読んでおこうかと思うけど、おそらく新聞なんてとっただけで満足して読まなそう。

アキの実家から送ってもらった餅でお雑煮を作って、ようやく少しはお正月らしくなる。

気が抜けて完全に腑抜け状態。疲れもひどく、何もやる気が起きないけど、ここ1カ月のドタバタで家の中がかなり悲惨なことになっていたから重い腰を上げて大掃除。この休み中にやらないと、またやれなくなる。

久しぶりに娘と絵本をよんだり積み木をしたりして遊ぶ。

夕飯も冷蔵庫にある物で済ませる。

夕飯後、シチリアでフランクにもらったワイン「Rosso del Contadino」を開ける。いつか飲もうと思っていたワイン。思いのほか飲みやすく、ビオ臭もさほど感じない。プラムのような果実の味がぎゅっと詰まって普通に美味しい。「自然派の奇才」とか言われているだけにどんな味なのかと思いきや凄く自然な味わいに感じられる。すいすい飲んでしまい気づくと1本空に。元旦の過ごし方としては悪くない。

正月は年に一度、本気でねじを巻かないのだ。