デザイナー佐藤卓さんをお迎えして2011年1月22日(土)に行われる「ほしいも学校」トークショーの予約絶賛受付中です。

■申し込み方法
こちらのページから。
必要事項をご記入の上お申し込みください。

※「ほしいも学校」の本1冊につき2名までご入場いただけます。
当日は会場受付にて本をご呈示ください。
持参されない場合、事前申し込みをいただいていても入場をお断りする場合がございます。

ーーー「ほしいも学校」なんだから、ほしいもで何か作りたいーーー

来月の「ほしいも学校」トークショー、トークと同じくらい悩んでいるのが
「懇親会でどんな食べ物を出すか?」
ということ。

タルト、ロールケーキ・・・。
考えたけれど、浮かんで来るイメージはスイーツばかり。
はっきり言って、自信なし。

ーーー「だったら、上手に作れる人に作ってもらえばいい」ーーー

というわけで、最初に浮かんだのが D&ロールケーキを開発した柚賀哲也。おそるおそる相談してみたら「前からやりたいと思ってたんですよ!」と快諾してくれた上に、「以前自分の結婚式の引き出物用に試作したら上手くいかなくて。いつかリベンジしようと思ってたんですよ」。そう、彼はひたちなか市出身。要するに、生まれる前から(お母さんのお腹の中から)ほしいもを食べて育った人。
「ほしいもロールケーキ」
クリスマス前の忙しい時間を割いて、きっと試作を進めてくれていることでしょう。
(彼のロールケーキ、こまつやのしんちゃんもこう評しています

そして今月はじめに水戸京成百貨店横にオープンした焼き菓子屋さん「Maison Weniko」さん。
店のグランドオープン前にちょこちょこランチを食べに来てくれていたベニコさん。お会計の時にレジ前に売っていた「ほしいも学校」を見て、「何ですかこの本!私ほしいも大好きなんです!っていうか、ほしいもが好きで茨城で店をやろうと思ったんです。以前キャラメリゼしたリンゴとほしいものケーキを作ったら大好評で「私って実は天才なんじゃないか!」と思っちゃいました、ワハハハ、、、、、(2分くらいほしいもへの愛が語られました)」
(実際にそのケーキに関しては半年前に書かれたご本人のブログで読めます)
先日、届いた試作がこれ。


僕の写真のヘタさで、魅力が1/100くらいになってしまってますが、フランスの伝統的な焼き菓子で(すみません、名前をド忘れしました)、仕込みに丸2日かかるそう。本来栗が入る真ん中にほしいも。そのまわりに焼き芋ペースト(そういうものが存在するらしいです)、まわりにクッキー生地。

これは本当に掛け値なしで美味しい。

最後にお隣木村屋さん。
ライ麦系の酸っぱ目の生地に、ドライフルーツ的にほしいもを入れるアイデアでいくそう。たのんますよ、若旦那、トワ子。

この3つのお店のほしいもスイーツ&パンをトークショー後のブラックバードでの懇親会で、盛り合わせワンプレートで出せたらなと、今のところ思っています。

そうそう、フジオもほしいもドリンクなんか作ってるみたい。

僕?僕だってやりますよ。
(自信なし)

どうぞ、懇親会のほうもお楽しみに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ほしいも学校」トークショーの予約受付が始まりました。

「ほしいも学校」トークショーの詳細です。

2011年1月22日(土)
トークショー:文化デザイナー学院 16:00〜18:00
懇親会:トラットリア ブラックバード 18:30〜
入場:予約制です。ほしいも学校のウェブサイトからお願いします。
出演:佐藤卓、ほしいも学校メンバー、沼田健一

「ほしいも学校」本一冊につきまして2名さままでご入場いただけます。
懇親会はご来店だけですと無料です(美味しいものを用意します。それらは有料です。)

今年2月の日野さんの時以来約1年振りのトークショー。
「佐藤卓相手に本当にやれんの?オレ?」
という本音はさておき、想像すると震えるほど興奮しますね。
聞きたいことは山ほどあるので、(迷惑にならない程度に)喋り倒します!
お楽しみに!

とりあえず本が無いことにはご参加いただけないので、早めのご購入をお勧めします(商売上手)!
水戸市内だとトラットリア ブラックバードか水戸芸術館内コントルポアンでお求めいただけますよ。