昼前に県南の土浦で有機野菜を作っている久松農園から野菜が届く。前々から店で使いたいと思っていて、今回初めてサンプルを送ってもらったのだ。

かぶ、春菊、みさきキャベツ、人参、大根、チンゲンサイ
、ターサイ、なす、小松菜、ピーマン、ジャガイモ、玉ねぎ、ラディッシュ、にんにく

ハコを開けると計14種類の野菜がぎっしり入っていて、一気にテンションが上がる。本当に美味しそう。

『当店では契約農家から野菜を直接仕入れているため、安心安全です・・・』

もう、そんな事は聞き飽きたし、今時ファミレスでもやっている。「安心/安全」なのは確かに大切な事だと思うが、blackbirdではなによりまず美味しい事にこだわりたい。説明抜き、蒸しただけでみんなびっくりしちゃうような野菜をじっくり時間をかけて探していきたい。でも魚介も野菜もきちんと選びさえすれば普通にスーパーで買っても美味しい。地方でやるメリットはそこにあると思う。

12時に設計の岩松さんが水戸駅に着く。まず近くのカフェでお昼を食べながらのミーティング。以下今日決める事。

・工務店選択(2社から1社へ)

・見積りのチェック/減額案出し

・ベンチシートの張り地選び

・キッチン壁のタイルの色選び

・客席上の荷棚用板選び

工務店選びに関しては見積りの金額とプレゼンの総合力でぱっと決まる。一番心配していた工事費も、大きな妥協も無くなんとか予算内に収まりそう。ずっとそこを心配していたからひと安心。

岩松さんが持ってきてくれたサンプルを見ながら少しずつ細かい打ち合わせが始まる。ベンチシートの色は赤、タイルは白と緑で、イタリアの色。でも同じ赤でも何種類もあって、他の素材とのバランスを見ながらでないと決められないが、店の完成図がはっきり見えているので迷わず決まっていく。そしてベンチシートの上の荷物置き用の棚には、工事現場用の足場板を。頑丈でなにしろ安いから。

思いのほか話は早くまとまり、そのままblackbird予定地へ。

 

 

 

 

 

 

 

途中水戸黄門と水戸芸術館のコラボ地点を発見。いい眺めでしょ(笑)ちなみにblackbirdはこの写真の右下、みずほ銀行のとなりのとなりの白い建物。わかるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

到着後、鳥かごをモチーフにした看板の取り付け位置を模型を使って確認。この看板、岩松さんの大学の時の同級生で金工をやっている方にオーダーして作ってもらう予定。とにかく何から何まで思い入れの固まりみたいな店する。僕だけじゃなく、プロジェクトに関わってくれているみんなの思い入れが全部詰まった店に。

 

夜、久松農園の野菜で鍋を作る。美味しい。特にカブは力強く、甘みがある。葉ものの味の良さはよく分からなかったが、それは鍋向きじゃないからかな(明日、油で炒めてみようと思う)。これから定期的に送ってもらい、店でもぜひ使っていきたい。

 

 

 

早いものでこのブログを初めて2ヶ月が経ちました。ちょっとした自慢ですが、一日も欠かさず書いています。止めたければいつでも止められる状況で、締め切りも、強制もないのに毎日結構な時間を割いてなんでこんななんの役に立つかも分からない文章書いてるんだろう?と思う事もありますが、好きなんでしょうね、書くのが。そして不思議なもので僕の知り合いという知り合いみんな読んでくれているようで、気持ちが悪くもあり(失礼:笑)うれしくもあります。あった事をあったまま、感じた事を感じたままできるだけフラットに書くという基本姿勢はこれからも変えずに(たまにカミさんには書き過ぎだと怒られますが)、より面白い事を書いていけたらなと思います。これからもおつきあいください。そして感想などお聞かせ頂けたらうれしく思います。

(contactから送っていただければ直接僕のところにメールが来るようになっています)

月末からはいよいよ工事が始まり、10日後には10日間のイタリア研修。12月頭オープンを目指して、がんばっていきたいと思います。今後もどうぞおつきあい下さい。