2010年5月26日 posted by chef

———————————————–

少し前にお客様からシネマブラックバードプロジェクトについてメールをいただいた。
(一部抜粋)

誰かがやってくれらいい。
でも自分はやらない。
ここに住んでいるほんとうに映画好きの人なら失敗するのは目に見えているから。
いい意味でも悪い意味でも「よそ者」がやらない限りムリだ。
簡単に需要があると言っている人達が、
最近どこでどんな映画を見ているのか知りたいものだ。

メールは「もの凄く期待しているけど、ダメになってトラットリアの運営にも支障が出るのが目に見えているから、ちゃんと考えた方がいいですよ」という視点で書かれている(その方の表現を使えば「老婆心」)。
そして、「簡単に需要があると言っている人達」「よそ者」とは主催であるアキと僕。

「最近どこでどんな映画を見ているのか知りたいものだ」

このメールをもらった時点でアキが最近見た映画はシネプレックスで「アリス イン ワンダーランド」。僕ときたら最後に観たのは何年か前(まだ東京に住んでいるとき)に銀座で「マイ ブルーベリー ナイツ」。(シネコンしかない地方で、店を経営しながら子育てをするとは、残念ながらそういうことなのだ)

要するに、この方から言わせると、僕らには映画館をやる資格なんてない。
その程度の映画しか観ていない人に映画館が出来る訳がない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブラックバードはコーヒー屋だ。
そしてコーヒーとはマニアがウジャウジャいる嗜好品だ。
嗜好性が強いジャンルほど、店のオーナー自分自身もマニアである場合が多く、同じマニアの視線を意識しすぎて商業的視点を失うドツボにハマっていく傾向にある。もちろん、マニアの期待に応えられるように日々研鑽しているが、実はブラックバードのコーヒーは全くそこを目指していない。料理も同様。イタリアンマニアを満足させられるような料理は僕には作れない。そしてこれは逃げではない。最高に美味しいものを提供したいけど、コーヒー(料理)は楽しむためのツール(道具)だ。どんなマニアックな豆のコーヒーを飲んだかよりも(そのことの面白さ奥深さを否定する訳ではないけれど)、目の前の彼女が笑ったこととか、西日がまぶしかったこととか、フジオの下らないギャグで苦笑いしたとかの方が印象に残るような店でありたいと思っている。

あらかじめ言っておくと、シネマブラックバードプロジェクトは「ほんとうに映画好き」の人の期待には応えられないと思う。「若い頃は結構観ていたけど、子どもが出来たり近くになかったりで映画から遠ざかってしまった人にささやかな娯楽を提供したい」というのがなにより大切なことで、そういう「映画マニアではない普通の人」を巻き込んでいくことが、ミニシアター設立には不可欠な要素だから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メールの後、アキはレンタルでDVDを借りて来るようになった。
でもシネマプロジェクトの立ち上げに追われて、ほとんど観れないで返却している。

また余計なことを言っている。それは分かっている。
批判し合うことや足の引っ張り合いの無意味さも分かっている。
でも他にどうしろっていうんだ。

2010年5月17日 posted by aki

——————————-

映画話には続きがあるみたい、とシェフが書いてからずいぶん経ってしまいました。
あったんですけど、いろいろ考えたらだんだん書けなくなっていきまして…。

というわけでようやく続きです。

私の故郷山形県鶴岡市でも、地方都市の例に違わず、郊外にシネコンができてから街の中の映画館が消えました。
中学生や高校生のときよく行った思い出深いあの映画館も今はありません。といってもまぁ、ごく普通の映画館でメジャーな映画を観ていただけなんですけれど。でも一人で映画館にいると何だか大人になったような気がしたものです。

そんな鶴岡市にも、8年ぶりに映画館が復活することになりました。
その名も「鶴岡まちなかキネマ」。
名前からも”街の中にふたたび映画館を!そして街の活性化を!”という願いが伝わってきますね。
建物は昭和初期の木造工場を利用していて、趣きがあるつくりに仕上がっているようです。今週土曜日にオープンです。
鶴岡市を含む庄内地方は、最近では映画が地域の活性化のキーワードになっています。庄内映画村、「おくりびと」、藤沢周平作品。そしてこのまちなかキネマ。
この映画館にとって重要なのは「まちなかにある」ということ。

では、シネマ ブラックバード プロジェクトは?

正直言って、水戸の「まちなか」は厳しいかもしれない。
ブラックバードのあるいわゆる中心商店街には駐車場問題が常につきまとうし、物件の賃料も高い。
駅前にシネコンがあってミニシアターは郊外型。逆に新しいかもしれないな。ほしいのは、というか目指すのは「まちのなかにある映画館」ではなくて、「今まで水戸に出口をもたなかった(=水戸では観れなかった)映画の観られるミニシアター」なのです。
もちろん結果として水戸の街が活性化することはおおいにけっこう。というかぜひとも活性化してほしい。でもそこを目的にしているわけじゃあない。だいいち、「まちなか」には今も映画館(シネプレックス)はあるもの。
この際場所はちょっとくらい遠くても、充分な駐車場があるほうがよいのでは?
水戸っぽのみなさん、どう思われますか?

2010年4月17日 posted by aki

————————-

シネマ ブラックバード プロジェクト発足のきっかけは一本の映画でした。

ある日、10年以上前に出会って以来大好きなその作品が、ニュー・ディレクターズ・カット版で劇場公開されていることを知りました。

「バグダッド・カフェ」がスクリーンで観られる!と興奮して近くの劇場を調べると、茨城県ではやっていないことが分かり愕然としました。マニアックで実験的な映画ならいざ知らず、こんな名作が観られないなんて。そして、そんな街にこの先ずっと暮らすなんて…。

それまでも、観たいと思った映画が水戸でやっていないということは何度もありました。でも、休みは週に1日、子どももいる。そんな状況で映画一本のために東京まで行くのは現実的ではありません。その度に“仕方ない、DVDで我慢しよう”と諦めました。でもDVDとスクリーンはやはり違います。

日常から切り離されて違う人生を生きているような感覚。目の前に知らなかった世界が広がっていてしばし旅に出たような錯覚。そんな時間が手軽に手に入るのが映画のいいところではないでしょうか。片道2時間かけて得るようなものではないと思うのです。もっと身近に、映画があってほしい。これからずっと暮らしていくこの街に、そういう場があってほしい。でもそんなことを思っていても叶わないことも分かっている。だったら自分で作ったらいいじゃないか。そう思って口に出したら、次の日には店のブログに書かれていました。そしてその次の日には、賛同してくれる人が現れました。

「需要はある。」期待が確信に変わって今に至ります。

水戸およびその周辺には3つのシネコンがあります。ハリウッドと日本のメジャー作品を観るならそれで事足りるでしょう。ここに足りないのは多様性です。地球上にはいろいろな国があって、いろいろな映画が作られているのに、この街ではそれらを観る場所がないのです。

多様性をもった映画文化がこの街に根付くように。その前に、シネコンでかからない映画たちに触れる機会がこの街に取り戻されるように。そう願って、シネマ ブラックバード プロジェクトは産声をあげました。

Q:「ジプシー・キャラバン」のみどころは?

A:まずは音楽。好きか嫌いかは分かれるところだと思うけど、力強くてとても魅力的。
そして彼らの人生そのものといっていいその音楽を通じて、日本人には馴染みのないジプシーの生き様に少しだけ近づけること。
もちろん、ジプシーといってもいろいろだけれど、その「いろいろだ」という当たり前のことに気づくことが大事だと思う。

ツアーのメンバーに「アントニオ・エル・ピパ・フラメンコ・アンサンブルズ」というフラメンコの人たちがいるのだけど、このアントニオという男性について、セビージャでフラメンコ修行をしている知人の日本人男性に聞いてみた。
2回ほどコンサートに行ったことがあるそうだが、セビージャで一人でコンサートホールで踊れるというのは一流の証だそう。
彼曰く、おばさまに絶大な人気で全盛期の杉良太郎を彷彿させるとのこと…!
「フラメンコだと、今でも、いい踊りやカンテ、ギターには、「オーレ ヒターノ」とか、「ヒターノ プーロ」って掛け声をかけるよ。ヒターノっていうのは、ほめ言葉になってます。」
一方で、毎日ゴミ箱を漁っているヒターノもいる、と。ヒターノといっても様々だからね。とその知人のアンへリート(とフラメンコのときは名乗っている日本人)は言っていた。
そうだよな、様々だよな。
でも知らないものって一括りにして見たり、偏見や理想を押し付けたりしてしまいませんか。例えばインド人がサリー着てないとがっかりするとか、メキシコ人にはソンブレロをかぶっててほしいとか(笑)。あとは田舎では牧歌的な暮らしを営んでてほしいとか。自分は”何でもある都会”を享受しておきながら田舎には”何にもないのが逆に豊かだ”みたいな理想を押し付ける…あ、話がそれましたね。

巷では眼鏡をかけて観る3Dが人気ですが、この映画はそういったアトラクション的要素はありません。ただ見終わったら少しだけ世の中を色眼鏡なしで見れるようになるかもしれませんよ。

※ヒターノとはスペイン語でジプシーのこと。

Q:なぜこの作品を選んだのですか?

A:映画が文化であるならば、映画の多様性≒文化の多様性であるだろうという思いから。

スクリーンはたくさんあるのに観られる映画が少ないこの街では、映画の多様性が失われている。つまりそれは文化の多様性に触れる機会も失われているということではないか。
民族や文化の多様性(の一例)を示すことで映画の多様性の必要性を……ってなんかカタイですね。

つまりは、映画ってもっといろいろあっていいよね≒世界にはいろんな文化があるよね、それを知るって楽しいし大事だよね。という思いからです。

———————————-
トリュフォーについて語らせたら茨城イチというあるお客様から教えてもらったこちらの記事に共感。

単館系(ミニシアター系)といわれる映画の魅力についてはこう言っている。

低予算ながらも、創作への強い意志や、人間への鋭いまなざしが詰まっている。人の心や、場合によっては社会を動かすきっかけにもなる。多様な社会や文化、ものの見方を知る上で大きな役割を担ってきたと思う。

また、テレビドラマの延長のような映画ばかりがヒットする現代、それらの主な観客であろう若者については、

「21世紀に入り、映画に限らず、音楽や小説でも外国系のコンテンツより国内のものを好む傾向が強くなっている。ここ10年ほどの20代は全体に内向き。加えて、メールやツイッターに囲まれた環境の中で2時間近く映画に集中することが難しくなった」

といわれるけれど、私たちも、

手遅れではないと信じたい。

最近導入したテレビモニターで映画を流している。
朝の仕込み中、レタスをちぎっている時に流れたこのシーン。

見るともなく見ていたら、いつのまにか引き込まれてしまった。

8ミリで撮影した粗い画像。
そして、その中で幸せそうに佇む人達。

10年以上前に観たはずなのに、初めて観たかのようなその映像は僕の心の何かを刺激してきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「一番好きなビートルズのアルバムは?」難しい質問だが、僕の答えは「The Beatles(通称ホワイトアルバム。BLACKBIRDも収録されている)」だ。各自がバラバラに曲を作り、バラバラに演奏し録音されたこのアルバムが、未だに僕の心の何かを刺激する。理由は分かっている。昔から、引っ掻き傷の様なスクラッチノイズに惹かれる。ロックの金字塔と言われる「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Cub Band」よりも、自宅のリビングで録音した鼻歌の様なデモテープに恋焦がれる癖はまだ治っていない。僕の心の傷に、粗塩を塗ってうすら笑っている下品さ。なのに、他のどのアルバムよりも優しさに溢れている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分の心に、忘れられない引っ掻き傷をつくりたくて、音楽や映画に触れているようなもの。その傷が深ければ深いほど、僕たちはかけがえのない感動を手にできるはずだ。

シネマブラックバード、来月上映は35ミリの映写機。
チラチラもするし、ガタガタ音も鳴る。
でも、そのフィルムは僕らの心にわすれれられない傷を残してくれる可能性を秘めている。

「DVDやブルーレイではなく、フィルム上映にこだわってみる」というのも、冷凍庫のないトラットリアが主催しているシネマプロジェクトらしくていいような気がする。

6月17日(木)

おはようございます。今日は梅雨の中休みということで暑い一日になるようですね。
こんな日はあえてアジアの湿気を感じる映画を…ということで「青いパパイヤの香り」なんかが観たい。

本日の仕入れは、岩牡蠣、イワシ、甘鯛、マコガレイ、水蛸、カツオ、平ガニです。

和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、仕込みました。

ランチはこちら。

〈今日のお知らせ〉
わたくし、ラジオに出ます。
今日21時からのFMぱるるん「Demezoのオタフクらじお」に電話出演、シネマ ブラックバード プロジェクトについてしゃべります。
かえでを寝かせてからにするか、最近お気に入りのムーミンのDVDをおとなしく見ているよう仕向けるか,迷うところです。

ラジオをお持ちでない方はインターネットかiPhoneアプリで!

しらとりマラソン陰の主役こと橋爪明日香、またの名を「はっしー」。

彼女が参加表明をしてくれたおかげで、私のギアは一つ上がった。
「映写技師とかやりたい!」メールにはそう書かれていて、こんなものも送られてきた。

星空の映画祭

長野県諏訪市で夏の間だけ開館する野外映画館の様子。映像作家である彼女が一般の人向けに開いたワークショップで作られたものだそう。
ニューシネマパラダイスしかり、おじさんが映写機を回す姿ってどうして哀愁があるんだろう。残念なことに、この映画祭もおじさんの映画館も、このあとしばらくして終わってしまったそうだ。

お金をいただいて映画を観てもらうからには、満足してもらえるものにしたい。そのための方法をいろいろ考えていた。ジプシー音楽の映画だから、ジプシージャズのバンドを呼んでライブ?誰かのトークショー?フラメンコライブ?
でもどれも準備と運営にかなりの労力を要する。最初から飛ばして続かなくなったら意味がない。打ち上げ花火を一発ドーンと上げたいのではなくて、線香花火でいいからずっと絶やさないようにするのがこのプロジェクトの目的なのだから。

映画だけでも満足してもらうには?
もう一つのヒントがまだ見ぬお客様から送られてきた。メリーゴーランドという本屋さんで行われている金曜シネマ
映画館でない場所では、映写機で上映するだけでもわくわくする演出となるのではないか。

そういうわけで、今回会場にはこんな映写機が置かれます。

機材と技師さんは茨城映画センターさんから。
会場の中にどーんと映写機を置いて上映するので、フィルムが回っている様子が見れますよ。

そして実はもう一つ、素敵な出会いがありまして、会場にちょっとした仕掛けを作ります。その話はまた今度…。

結局書かずにはいられない。
バカだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

半年くらい前。
ブラックバード常連の彼に連れられて来た橋爪明日香の第一印象は「大人しい人」だった。

3月某日。
シネマプロジェクトの立ち上げをブログで宣言した直後、メールが来た。
「シネマプロジェクトの仲間に入れてくれませんか?
水戸に引っ越そうと思います」

月曜日。
「今日急遽しらとりマラソンをやることになったから、動画配信しない?」とメールを送ったら、こんな返事が来た。
「きゃっほー!やります!長野に帰省する予定だったけど、延期!すぐ行きます」

最新型に疎い僕だって、Ustreamくらい知っている。でも「知識として、そういうものがあるのを知っている」ということと、「実際自分がそれを目の当たりにすること」は当たり前だけれど、違う。いいか悪いかは分からないけれど、「最新型テクノロジーの世界新記録(当社比)」が随分と更新された。

よっちゃんBBQ、しらとりマラソンの陰の主役は実は彼女だった。

理由はよく分からないけれど、いろいろな才能が集まってくる。
8月末にも、僕の元同僚が東京から水戸に引っ越してくる。

人材は宝。
いい流れだ。

ーーーーーーーーーーーーーー

才能と言う意味ではお客さんも負けていない。
勝手に作って、いつのまにかバンコに貼られていた選挙?ポスター。

全世界が見守った「しらとりマラソン」を一番近くで見ていた、いや強制的に伴走させられていた男(シェフ)が綴った完走までの記録を時系列でお届けします。
*RTと頭についているのは他の人のつぶやきを拾っているものです。

————————————————————————————————————————

「やるよ、今日これから」突然の宣言にきょとんとする我々をよそに、しらとりけんじ、3度目のスタートラインに立ちました。 しらとりけんじの12時間耐久HAPPYマラソン間もなくスタートです!まずはカンパリソーダ。

二杯目、ランチの白ワイン。

前菜のセット。ペペロンチーノで。

続いてハイネケン。キッチリ20分に一杯のハイペース。

ひと段落。 いつのまにか白ワイン。4杯目。し「カルパッチョが食べたい」 なんでもやりまっせ!

RT @shiratorikenji さあ!やってきました、この日!やっちゃいますよ!アホ度前回!

RT @shiratorikenji もちろん、「なりません」。いや、今日は軽く行きましょう。 RT @blackbirdchef: 今日すか、、、。 二日連続の酔狂、、、。 こっちの身にもなっ、、、。

RT @shiratorikenji マラソン3回目にして初心に返る。「好きな店に1日中いたら、ぜったい幸せなはず」。だから、酒量は問題じゃないんだよ。そして、この店に初めて来たときの席に座っている。にぎやかなランチタイム。

RT @shiratorikenji 初めてのブラバは、一昨年の12月二十日土曜日。水戸芸の mさんと待ち合わせ。ふじを君は少し緊張というか警戒してたかもしれないね。美味しかったのは、付け合わせに出てきた「ゆりねのグリル」。野菜の美味しい店だと思ったよね。

覚悟の上です。RT @shiratorikenji ランチタイムなのに、わがままきいてくれてありがとう。「カルパッチョ旨い」。でも、俺のアホ度加減……、

そして、ジン&トニック。5杯目。

RT @hsmam 第3回シラトリマラソン (@blackbird_mito http://blackbird-mito.com/)開催中の実況中継が決定!Usrteam にて@hashiasukaさんが生放送します。放送開始までしばらくお待ちを!

RT @shiratorikenji ランチタイムも終わり一段落だねbb。さあ、俺のためのお店だぁ!音楽も最高、気分も最高!

しらとり「携帯の充電器、店まで取りに行ってくる。ツイッターやってたらすぐなくなっちゃう」と傘をさして一人で外出。大丈夫か?

正解。今日のBGMは雨の日プレイリストをシャッフル。RT @shiratorikenji 音楽聴くのは結構好き。詳しくはないけど、好みはあると思う。現在は、ジョニミッチェルだったのかな?やぁ、気分にぴったり!

今現在ゲストはしらとりけんじのみ。ランチはご予約のお客様のお陰でそこそこの賑わい。

前回のマラソンがしらとりマッサージ一周年の意味合いが強く、ぶっ飛んだパーティーだったのに対し、今回は本人のツイートにもあるようにとても静か。音楽を聴きながら、手でリズムを取って、いつものように酒を飲んでいる姿は自然。

美味しくないビールは、、、だそうです。 Tシャツでもしっかり主張する男、しらとり。怖るべし。

RT @hashiasuka @hsmam 中継班、現地入りしました!しばしお待ちを~あっ!選手が帰ってきました!

ちなみに中継を担当してくれるのは映像作家の橋爪明日香@hashiasuka@ はっしー。 昨日のBBQでもiPhone片手にハッスルしてました。 シネマプロジェクトにも主要スタッフとして参加してくれています。

カンパリ&ソーダ白ワイン白ワインハイネケンジン&トニックワイルドターキー&ソーダ ランチセットC(前菜/パスタ) カルパッチョ

たったこれだけの設備で中継が出来るなんて、、、。

前回までのマラソンと違うのが、ツイッターの存在。そして、ustreamによる中継。

RT @hashiasuka 12時間のんだくれマラソン!中継スタート!http://ustre.am/cOhB

RT @blackbird_mito カンパリ&ソーダ白ワイン白ワインハイネケンジン&トニックワイルドターキー&ソーダハイネケン ランチセットC(前菜/パスタ) カルパッチョ

ちなみにしらとり氏、こうして音声でツイートを確認。でも、f^_^;)とか、どうやって認識するんだろ?

はっしー、仕事中

RT @blackbird_mito RT @blackbird_mito カンパリ&ソーダ白ワイン白ワインハイネケンジン&トニックワイルドターキー&ソーダハイネケン白ワイン ボトル ランチセットC(前菜/パスタ) カルパッチョ 平ガニのフリット

RT @blackbird_mito カンパリ&ソーダ白ワイン白ワインハイネケンジン&トニックワイルドターキー&ソーダハイネケン白ワイン ボトル ランチセットC(前菜/パスタ) カルパッチョ 平ガニのフリットマコガレイのフリット

RT @hashiasuka @aquinmt そうですね!立ち飲みにお客さん2人きたので音声カットしま~す。着席エリアにお客さんが入ってきたら終了しまーす。

RT @hashiasuka どんどん人が集まりだしましたね〜!みんなシラトリさんに挨拶してる(笑) (@hashiasuka live at http://ustre.am/cOhB )

RT @blackbird_mito カンパリ&ソーダ白ワイン白ワインハイネケンジン&トニックワイルドターキー&ソーダハイネケン白ワイン ボトル ランチセットC(前菜/パスタ) カルパッチョ 平ガニのフリットマコガレイのフリットグリル野菜

カンパリ&ソーダ白ワイン白ワインハイネケンジン&トニックワイルドターキー&ソーダハイネケン白ワイン ボトルハイネケングラススプマンテ ランチセットC カルパッチョ 平ガニのフリットマコガレイのフリットグリル野菜マコガレイのフレッシュトマトソース

寝てんのか?

復活!カンパリソーダ白ワイン×2 ハイネケンジントニックワイルドターキーソーダハイネケン白ワインボトルスプマンテグラスハイネケン ランチセットC カルパッチョ 平ガニのフリットマコガレイのフリットグリル野菜 マコガレイのフレッシュトマトソース

RT @shiratorikenji いやはや、やっぱり途中で寝てしまいましたね。(笑い)さてさて、そろそろ帰りますか。

「独りで歩いて帰る」と言ってきかないしらとりさんを後ろからそっと追いかける(どんなに酔っ払ってても普段はそんなことしないけど、、、)。 スゲー千鳥足なのに、スゲー早い。しかも、京成のとこの交差点で軍隊並の角度で90度反転。

無事にしらとりマッサージまで辿り着くのを見届ける。 しらとりさん、おつかれさまでした。

迷惑?なにを今更。次も楽しみにしてますよ。RT @shiratorikenji 本日は平和な感じで終了。(でも、最後に落とし物を一つ)bbみんな、ありがとう。いや、それより迷惑かけちゃってごめんだね。やあ、できればもっといろいろ食べたかったなぁ。